位元堂

  • カート
MENU

安心・安全の証

  • 製造と研究開発

    位元堂は漢方薬の生産者として、製品の安全性と有効性確保のために、厳格な品質管理を徹底しています。元朗エリアの「位元堂薬業大廈」ビル内にある製造施設に、製造品質管理基準(GMP)を満たす証明書が付されているのはそのためです。
    5フロアにわたり計21万3,000平方メートルを占める製造施設内には、原材料となる生薬の前処理や製品の製造、包装を行う各設備、品質管理のための実験室、倉庫などを完備。生産から品質テスト、出荷までのプロセスは全て、工場が定める標準作業手順書(SOP)に沿って行われています。
    位元堂の漢方薬製造設備は、香港中医薬管理委員会が定める漢方薬に対するGMPと、オーストラリアの薬品・医薬品行政局(TGA)が定める医薬品に対するGMP*の基準をクリアしています。

    *…TGAのGMPは、医薬品のGMP査察業務に関する国際的枠組みである医薬品査察協定及び医薬品査察共同スキーム(PIC/S)のガイドラインに沿って定められています。

  • 高い専門性を活かし科学的にアプローチ

    位元堂の研究開発部には香港、深セン、長沙の3都市に、中薬・健康関連製品のプロフェッショナルが在籍。高まり続けるニーズに応えるべく、製品の改善や新商品の開発のため日々研究にあたっています。
    また、製品の原料はすべて、農薬、重金属、微生物などの安全性試験に合格した高品質のものを使用。仕入れ先を複数持つことで品質を高く維持する取り組みを行っています。健康のために安心安全を妥協しない位元堂の製品づくりは、素材選びから始まっているのです。